大阪バイオ・ヘッドクオーターからのお知らせ 第196号 2016年11月28日配信

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪バイオ・ヘッドクオーターからのお知らせ 第196号 2016年11月28日配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
<公募情報>
(1)大阪府中小企業団体中央会
「平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募」
(1月17日まで)【新規】

<イベント情報>
(2)在日フランス大使館 日仏イノベーションイヤー・グランドフォーラム
「デジタル医療セミナー」(12月7日)【新規】
(3)第148回 彩都バイオサイエンスセミナー
「ジェロンテクノロジーフォーラム2016 彩都・大阪」(12月9日)《再掲》
(4)千里ライフサイエンス振興財団 新適塾(難病への挑戦 第28回)
「肺がんの予防・診療を推進するための基礎研究、TR研究」(12月12日)【新規】
(5)大阪市立大学 平成28年度 第7回イノベーション・マネージャー人材育成セミナー
「ライフサイエンス分野におけるアカデミックシーズの事業化」
(12月14日)【新規】
(6)「ITと創薬の融合 ビッグデータとスーパーコンピューティングで
生命現象を解く」(1月13日)【新規】
(7)千里ライフサイエンス振興財団 新適塾「脳はおもしろい」第15回会合
「人工知能で脳を操作する?」(1月16日)【新規】
(8)「彩都産学官連携フォーラム2017」(1月25日)【新規】

<アンケート>
(9)ご意見お願いします!「当メールマガジンの形式について」
(12月28日まで)
================================================================================
(1)大阪府中小企業団体中央会
「平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募」
(1月17日まで)【新規】
——————————————————————————–
平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募を開始
します。
国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上
に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規
模事業者の設備投資等の一部を支援します。

【公募締切】1月17日(火)まで

※ 申込み等、詳細については、下記URLをご参照ください。
http://www.maido.or.jp/mono_H28/
================================================================================
(2)在日フランス大使館 日仏イノベーションイヤー・グランドフォーラム
「デジタル医療セミナー」(12月7日)【新規】
——————————————————————————–
【場所】グランフロント大阪 ナレッジキャピタルC04号室(予定)
(大阪府大阪市北区大深町3-1)

【プログラム(仮)】
※日仏同時通訳付

・ご挨拶
・第1部 デジタル画像の新たな技術と用途
各企業による自社技術の紹介
医療機器産業における画像の可能性と課題に関する討論
【主な参加企業/大学・研究機関(予定)】
EOS Imaging、Anatoscope、Biotech Dental、Dassault Systemes、
京都府立医科大学 教授 高松 哲郎 氏
・第2部 医療専門家支援の新たなテクノロジー
各企業による自社技術の紹介
手術の技術革新に伴う新たな課題のためのケーススタディに基づく討論
【主な参加企業/大学・研究機関(予定)】
Institut Carnot LSI、Riverfield、OneLife、Genepred
・第3部 医療イノベーションの国フランス:
日本企業にどんなビジネスチャンスを提供できるか?
【主な参加企業/大学・研究機関(予定)】
Horiba
・まとめ
・ネットワーキングカクテルパーティー(要事前登録・参加無料)

※ 詳細・お問合せについては、下記URLをご参照ください。
http://innovationforumosaka.com/
================================================================================
(3)第148回 彩都バイオサイエンスセミナー
「ジェロンテクノロジーフォーラム2016 彩都・大阪」(12月9日)《再掲》
——————————————————————————–
【場所】彩都バイオヒルズセンター会議室(大阪府茨木市彩都あさぎ7-7-18)

【内容】
第1部 高齢者に寄り添うロボティクスの未来
・特別講演1「高齢社会に対応する医・看・工融合研究への誘い」
大阪大学国際医工情報センター 招へい教授、
一般社団法人臨床医工情報学コンソーシアム関西 主席研究員 山田 憲嗣 氏
・特別講演2「ロボット介護機器の最新開発状況と普及への課題」
産業技術総合研究所 ロボットイノベーションセンター センター長
比留川 博久 氏
第2部 攻めのジェロンテクノロジー
・ISG日本支部研究発表会(International Society for Gerontechnology)
・特別講演3「磁気生体作用の科学 高齢者にやさしい磁気治療器、その作用機序に迫る」
ピップ株式会社 総合研究所 所長 川上 穣 氏
・一般発表

【主催】
彩都ヒルズクラブ(事務局:バイオ・サイト・キャピタル株式会社、八洲薬品株式会社)
、産業技術総合研究所人間情報研究部門、
国際ジェロンテクノロジー学会(ISG)日本支部、
大阪バイオ・ヘッドクオーター(事務局:大阪府)

【共催】茨木商工会議所、摂津市商工会

【協力】茨木市商工労政課、彩都建設推進協議会

※ 申込み等、詳細については、下記URLをご参照ください。
http://www.osaka-bio.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=933
================================================================================
(4)千里ライフサイエンス振興財団 新適塾(難病への挑戦 第28回)
「肺がんの予防・診療を推進するための基礎研究、TR研究」(12月12日)【新規】
——————————————————————————–
【場所】千里ライフサイエンスセンタービル(大阪府豊中市新千里東町1-4-2)
(講演会)8階 801・802号室
(懇親会)6階 603・604号室

【内容】
「肺がんの予防・診療を推進するための基礎研究、TR研究」
国立がん研究センター 研究所 ゲノム生物学研究分野 分野長
先端医療開発センター ゲノムTR分野 分野長 河野 隆志 氏

【コーディネーター】
大阪大学大学院医学系研究科 分子神経科学 教授  山下 俊英 氏
大阪大学大学院医学系研究科 分子病態生化学 教授 菊池 章 氏

※ 申込み等、詳細については、下記URLをご参照ください。
http://www.senri-life.or.jp/shinteki/shintekijuku-nanbyou.html
================================================================================
(5)大阪市立大学 平成28年度 第7回イノベーション・マネージャー人材育成セミナー
「ライフサイエンス分野におけるアカデミックシーズの事業化」
(12月14日)【新規】
——————————————————————————–
【場所】大阪駅前第2ビル 6階 大阪市立大学 文化交流センター 大セミナー室
(大阪府大阪市北区梅田1-2-2-600)

【内容】
「ライフサイエンス分野におけるアカデミックシーズの事業化」
バイオインダストリー協会 事業連携推進部 次長 森下 節夫 氏

※ 申込み等、詳細については、下記URLをご参照ください。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/research/copy_of_opu_ocu_office
================================================================================
(6)「ITと創薬の融合 ビッグデータとスーパーコンピューティングで
生命現象を解く」(1月13日)【新規】
——————————————————————————–
【場所】日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)

【プログラム】
・開会挨拶
日本学術会議第二部会員 清木 元治 氏
日本薬学会会頭、日本学術会議連携会員 太田 茂 氏
(座長)大阪大学大学院薬学研究科、日本学術会議連携会員 土井 健史 氏
・「創薬基盤としての分子動力学シミュレーション技術」
東京大学 先端科学技術研究センター 藤谷 秀章 氏
・「スパコン・ビッグデータ時代の創薬」
京都大学大学院医学研究科 奥野 恭史 氏
・「創薬の初期研究におけるデータベース構築とモデリング」
医薬基盤・健康・栄養研究所 水口 賢司 氏
(座長)東京大学 医科学研究所、日本学術会議連携会員 井上 純一郎 氏
・「インフォマティクスとシミュレーションを融合したインシリコ創薬」
理化学研究所 本間 光貴 氏
・「抗体創薬におけるインシリコ技術活用」
アステラス製薬株式会社 白井 宏樹 氏
(座長)京都大学大学院薬学研究科、日本学術会議連携会員 中山 和久 氏
・「ビッグデータがもたらす創薬のパラダイムシフト」
大日本住友製薬株式会社 山崎 一人 氏
・「iOrgansテクノロジーによる生体ビッグデータ構築とその活用による
疾患の予測診断・先制治療・創薬」
株式会社国際電気通信基礎技術研究所 佐藤 匠徳 氏
・閉会挨拶
東京大学大学院薬学系研究科、日本学術会議連携会員、生物系薬学分科会委員長
堅田 利明 氏

【主催】日本学術会議 薬学委員会
生物系薬学分科会、化学・物理系薬学分科会、日本薬学会

※ 申込み・問合せ等、詳細については、下記URLをご参照ください。
http://www.pharm.or.jp/gakujutsukaigi/pdf/20170113.pdf
================================================================================
(7)千里ライフサイエンス振興財団 新適塾(脳はおもしろい 第15回)
「人工知能で脳を操作する?」(1月16日)【新規】
——————————————————————————–
【場所】千里ライフサイエンスセンタービル(大阪府豊中市新千里東町1-4-2)
(講演会)5階 サイエンスホール
(懇親会)6階 千里ルームA

【内容】
「人工知能で脳を操作する?」
ATR脳情報通信総合研究所 所長
・内閣府「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」
“脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現”
携帯型BMI領域統括技術責任者(兼任)
・自然科学研究機構新分野創成センター
ブレインサイエンス研究分野長(兼任)
・理化学研究所革新知能統合研究センター 特任顧問(兼任)
川人 光男 氏

【コーディネーター】
大阪大学大学院生命機能研究科 教授 山本 亘彦 氏
大阪大学蛋白質研究所 教授 古川 貴久 氏

※ 申込み・問合せ等、詳細については、下記URLをご参照ください。
http://www.senri-life.or.jp/shinteki/shinteki-nou_omoshiroi.html
================================================================================
(8)「彩都産学官連携フォーラム2017」(1月25日)【新規】
——————————————————————————–
【場所】千里ライフサイエンスセンタービル 5階 山村雄一記念ライフホール
(大阪府豊中市新千里東町1-4-2)

【内容】
・シンポジウム「ともに、前へ。創薬研究と支援活動」
(座長)京都府立医科大学大学院 教授 中垣 俊郎 氏
厚生労働省 医政局 研究開発振興課長 森光 敬子 氏
日本医療研究開発機構 創薬支援戦略部 西日本統括部長 中西 理 氏
日本製薬工業協会 研究開発委員長、
武田薬品工業株式会社 医薬研究本部 SRC(湘南)サイトヘッド 池浦 義典 氏
大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 未来医療センター
副センター長 山本 洋一 氏
・彩都における新たな研究開発の動き
「デコイ核酸の開発経験と今後の展望」
アンジェスMG株式会社 彩都研究所 主席研究員 坂口 誠 氏
「核酸医薬品開発を支えるCMC研究とGMP製造について」
株式会社ジーンデザイン 事業開発部長 佐藤 秀昭 氏
・希少疾病に対する再生医療等製品の開発
「復帰変異モザイクを応用した先天性難治性皮膚疾患に対する
自家培養表皮シート療法」
北海道大学病院 皮膚科 講師 藤田 靖幸 氏
・彩都から世界に誇れる創薬を目指して
「創薬デザイン研究センターについて」
医薬基盤・健康・栄養研究所 創薬デザイン研究センター長 近藤 裕郷 氏
「先端プロテオーム解析技術を用いた新規創薬標的因子の探索」
医薬基盤・健康・栄養研究所 プロテオームリサーチプロジェクト
プロジェクトリーダー 朝長 毅 氏
「健康増進における腸内環境の重要性と
Precision medicine&nutritionとしての可能性」
医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチンマテリアルプロジェクト
プロジェクトリーダー 國澤 純 氏

【主催】彩都産学官連携事業実行委員会
(大阪府、医薬基盤・健康・栄養研究所、大阪医薬品協会、
彩都(国際文化公園都市)建設推進協議会、千里ライフサイエンス振興財団)

※ 申込み・問合せ等、詳細については、下記URLをご参照ください。
http://www.dy-net.jp/2017/
============================================================
(9)ご意見お願いします!「当メールマガジンの形式について」
(12月28日まで)
————————————————————
いつも当メールマガジンをお読みくださり、ありがとうございま
す。今後もみなさまにご活用いただけるようなメルマガを配信して
いきますので、よろしくお願いいたします。
さて、お気づきでしょうか?一般に「読みやすい」メルマガの一
行に収まる字数は30字とのことで、この項目で実践してみました。
いかがでしょう。実際にお読みくださっているみなさまのご意見を
お聞きし、当メルマガに反映するか否かを決定しようと思います!
変更内容・回答先等は、下記のとおりです。

【変更内容】
一行に入る文字数を30字に統一(現在およそ40字)

【回答番号】
1 変更したほうがよい
2 今のままがよい
3 他の形式がよい(案をお聞かせください!)

【回答先(E-mail)】contact@osaka-bio.jp
※ 件名を「メルマガアンケート」としてください。
※ 本文にご回答番号を明記のうえ、
もし何かご意見ありましたらお書きくださいますと幸いです。

【回答期限】12月28日(水)まで

最も多かった回答を採択させていただきたいと思います。
ぜひみなさまのご意見をお寄せください。お待ちしております!
================================================================================
*~*~*~現在メルマガ会員募集中です!*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

同じ職場の方等でバイオ・ライフサイエンスにご興味を
お持ちの方がいらっしゃいましたら、当メルマガをお勧めください!
下記URLより簡単にご登録いただけます。
http://www.osaka-bio.jp/index.php?option=com_qcontacts&view=contact&id=1

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
================================================================================
編集部より
——————————————————————————–
はい注目!みなさん、アンケートに注目です!みなさんの声で当メルマガが生まれ変わ
ります!最近のメルマガの多くは一行あたりの文字数が20字から30字らしいのですが、当
メルマガはなんと40字。スマートフォン・タブレット時代に合わせてスタイリッシュなメ
ルマガにすべく、みなさんの声をぜひともお聞かせください。30字で提案しておりますが
、20字がいい!10字がいい!文字なんて要らない!といった意見も大募集中です。みなさ
んと一緒につくるメルマガでありたいと思っています!(M)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「大阪バイオ・ヘッドクオーターからのお知らせ」は、大阪からライフサイエンス産業振
興に関する産学官の取組みを発信するために、最新情報をお届けするメールマガジンです。
セミナー情報、新規事業などの情報を事務局までお寄せください。
大阪バイオ・ヘッドクオーター
(大阪府商工労働部成長産業振興室ライフサイエンス産業課)
豊中市新千里東町1-4-2千里ライフサイエンスセンタービル20階
電話:06-6115-8100 mailto:life-science@sbox.pref.osaka.lg.jp
(ポータルサイト) http://www.osaka-bio.jp/
(大阪府web) http://www.pref.osaka.lg.jp/bio/shokai.html
(Facebook) https://www.facebook.com/tokkuritch.osaka.pref
(Facebook英語版)https://www.facebook.com/ritchiseicho.osaka.E
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━