概要

大阪におけるライフサイエンス分野の集積について

大阪では、製薬企業、バイオベンチャーなどのライフサイエンス関連産業や、大阪大学、医薬基盤研究所、国立循環器病研究センターなどの優れた研究機関が集積する強みを活かしながら、オール大阪の産学官が連携して、さまざまな活動を展開しています。

大阪府内の主なライフサイエンス関連の大学・研究機関等
1 大阪大学

吹田市山田丘1-1

2 大阪府立大学

堺市中区学園町1-1

3 大阪市立大学

大阪市住吉区杉本3-3-138

4 医薬基盤・健康・栄養研究所

茨木市彩都あさぎ7-6-8

5 QBiC(理化学研究所 生命システム研究センター)

吹田市古江台6-2-3

6 国立循環器病研究センター

吹田市藤白台5-7-1

7 CiNet(脳情報通信融合研究センター)

吹田市山田丘1-4

8 大阪府立産業技術総合研究所

和泉市あゆみ野2-7-1

9 産業技術総合研究所関西センター

池田市緑丘1-8-31

10 AMED(日本医療研究開発機構)西日本統括部

大阪市北区大深町3-1

11 PMDA(医薬品医療機器総合機構)関西支部

大阪市北区大深町3-1

大阪府内のライフサイエンス関連機関の分布図です。

製薬企業の集積

大阪市内、特に道修町界隈には、300社を超える製薬企業が集積しています。
その歴史は、江戸時代までさかのぼり、薬の元となる「薬種」の値付けを行い、薬の流通を独占的に行っていたことから、「くすりの町」と呼ばれ栄えたことが起源となっています。
350年もの年月を経てもなお、塩野義製薬(株)、田辺三菱製薬(株)、大日本住友製薬(株)、武田薬品工業(株)など、我が国を代表する大手製薬企業の本社が軒を連ね、大阪府の医薬品生産金額は、全国でもトップクラス(厚生労働省医政局「薬事工業生産動態統計年報(2010年)より」)であるなど、大阪の経済を支えるとともに、我が国の医薬品産業をリードする一大産業集積地となっています。

主な製薬企業の所在地

大阪のライフサイエンスの歩み

沿革
江戸時代

大阪、特に道修街界隈は、薬の流通などを独占的に担い、「くすりの町」と称されてきた。

昭和50年代

大阪大学 山村総長(当時) が”北大阪をライフサイエンス拠点、バイオヒルズに”との構想発表。

昭和52年7月

国立循環器病センター(現在の国立研究開発法人 国立循環器病研究センター)開設(吹田市)

平成2年7月

財団法人千里ライフサイエンス振興財団(現在の交易財団法人 千里ライフサイエンス振興財団)設立。

平成5年4月

大阪大学医学部・同附属病院が大阪市内中之島から、現在地(吹田キャンパス)に新築移転。微生物病研究所附属病院と統合。

平成13年8月

「大阪圏におけるライフサイエンスの国際拠点形成」がプロジェクトとして決定。

平成14年7月

「彩都バイオメディカルクラスター構想」が文部科学省「知的クラスター創成事業」に採択。

平成17年4月

独立行政法人医薬基盤研究所(現在の国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)設立(茨木市彩都)

平成19年6月

地域イノベーションクラスタープログラムに認定(当初は文部科学省知的クラスター創成事業(第Ⅱ期)に選定)

平成20年9月

大阪バイオ・ヘッドクオーター体制構築。千里ライフサイエンスセンタービルに事務局設置

産学官による「大阪バイオ戦略推進会議」において「大阪バイオ戦略」を策定(以後、毎年度更新)

平成23年12月

関西イノベーション国際戦略総合特区(ライフイノベーション)に指定

平成25年10月

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)関西支部設置

平成26年5月

関西圏が医療イノベーション拠点として国家戦略特区に指定

平成26年11月

彩都ライフサイエンスパーク全区画の事業者が決定

平成27年4月

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)創薬支援戦略部西日本統括部設置

平成27年7月

国立循環器病研究センターが移転する吹田操車場跡地及び周辺地区(医療クラスター)の名称を「北大阪健康医療都市(愛称:健都)」と決定

平成28年6月

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)関西支部の機能拡充(薬事に関する各種相談が可能に)