創薬シーズ事業化支援事業

 有望なライフサイエンス分野の技術シーズを発掘し、事業化に関心のあるベンチャーキャピタル等の事業者とのマッチングによりシーズの事業化を進めることで、北大阪(彩都)を中核とする大阪へのライフサイエンス関連企業の集積を促進し、ライフサイエンス産業のさらなる振興を図ることを目的とし、府内関係団体で実行委員会を構成し実施しています。
〔実行委員会構成団体(五十音順)〕
大阪医薬品協会、 大阪商工会議所、 大阪府、 彩都(国際文化公園都市)建設推進協議会、 公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団、 公益財団法人都市活力研究所

創薬シーズマッチング会(平成28年2月実施)

 有望な技術シーズとシーズの事業化に関心のあるベンチャーキャピタルとのマッチング会を実施しました。
 当日は、モデレーターによる進行の下、大阪を中心に全国の大学から7つの有望な技術シーズについて、まずプレゼンテーションを行い、その後、発表者とベンチャーキャピタルなどとの間で活発な質疑応答がなされました。また、マッチング会終了後の交流会でも、ざっくばらんな雰囲気のなか、シーズの事業化にむけて意見が交わされました。

日時:平成28年2月29日(月)
場所:グランフロント大阪 カンファレンスルーム
主催:創薬シーズ事業化支援事業実行委員会

発表シーズ(発表順)
大阪大学微生物病研究所  高倉 伸幸
「がん幹細胞を制御することによるがん治療法およびがん予防法の開発」
大阪大学薬学研究科  中川 晋作
「親水性ゲルパッチ並びにマイクロニードルを用いた経皮免疫・ワクチン製剤の開発」
帝京大学薬学部  野村 鉄也
「がん組織血管を標的とした新規抗体医薬の創製」
大阪大学薬学研究科  小比賀 聡
「核酸創薬に向けた機能性人工核酸技術」
神戸大学医学部  河野 誠司
「マイクロRNAによる新規関節リウマチ治療薬の開発」
愛媛大学大学院医学系研究科  徳善 紀彦
「癌遺伝子様 microRNA を標的とした次世代核酸医薬の創出」
大阪大学医学系研究科  佐々木 勉
「新たな作用機序に基づく神経疾患の治療」