集積する大学・研究機関

■国立大学法人大阪大学

事業概要

11学部16研究科、6附置研究所、2附属病院を有する我が国有数の総合大学です。バイオ関連、特に、免疫研究に強い大学として有名。バイオメディカル分野の研究に卓越し、医学系研究科、生命機能研究科等から多くの研究者を輩出しています。また、研究成果の産業化の取り組みも積極的に進めています。

主な取り組み

・吹田キャンパス内にテクノアライアンス棟を竣工し、産学共創を目指して、新しい産学連携の実践の場として研究者の交流スペースを提供しています。
・共同研究講座・協働研究所制度により、レベルの高い「人・資金・研究課題」を企業から誘致することで、本気の共同研究をオン・キャンパスで実現しています。

特記事項(アピールポイント等)

大阪大学における様々な研究成果が、企業への技術移転やベンチャーにより実用化されています。一例として、幹細胞を効率的に培養する技術を事業化する目的で、(株)マトリクソームが設立されました。同社には、大阪大学ベンチャーキャピタル(株)からも投資が行われています。今後も、研究成果の活用による社会貢献を進めてまいります。

お問い合わせ先

国立大学法人大阪大学
電話:06-6877-5111

■大阪大学微生物病研究所(RIMD)

事業概要

大阪大学微生物病研究所では、微生物病及びがん、その他の特定の難治疾患に関する学理並びにその応用の研究を行っています。

主な取り組み

・細菌・ウイルス・寄生虫などの病原体による感染症発症メカニズムの研究、及びそれら疾患に対する治療法・制圧法の開発
・ゲノム解析を活用した新規病原体の同定と解析
・癌細胞の制御メカニズム解明と、癌に対する有効な対処手段の研究
・生体防御機構の解明に関する研究
・自己免疫疾患、遺伝性疾患等の特定難治疾患の解析と治癒予防法の研究

特記事項(アピールポイント等)

文部科学省「共同利用・共同研究拠点」に認定されており、高度安全に設計されたBSL2.3実験施設を有する感染症共同実験施設や、感染動物実験施設など特徴ある施設・設備を整備しています。これらの研究資源・技術・研究施設を研究者コミュニティに開放し、大学や民間企業と様々な共同研究を実施しています。

お問い合わせ先

■大阪大学免疫学フロンティア研究センター(IFReC)

事業概要

免疫学フロンティア研究センター(IFReC)は、文部科学省の「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」に採択され平成19年に発足した免疫学研究の国際拠点です。免疫学研究と生体イメージング、バイオインフォマティクスを融合させることで新分野を開拓し、免疫関連疾患の克服を目指しています。

主な取り組み

・自然免疫の分子機構の解明
・免疫関連疾患の病因解明
・寄生虫感染とワクチン開発
・制御性T細胞の機能解明と医学への展開
・抗体開発のバイオインフォマティクス解析
・腸管免疫の解析

特記事項(アピールポイント等)

外国人研究者が多数在籍し、国際水準を満たす研究環境や支援体制が整備されています。
11.7T MRI、2光子励起顕微鏡などを用いた免疫現象の可視化や、バイオインフォマティクスを駆使した免疫反応の予測に取り組んでいます。また、企業連携の取り組みとしてオープン・イノベーションラボラトリーの構築を進め、共同研究を積極的に推進しています。

お問い合わせ先

■大阪大学医学部附属病院

事業概要

大阪大学医学部附属病院は、良質な医療を提供するとともに、医療人の育成と医療の発展に貢献することを理念とする、日本でも有数の先進医療開発病院です。

主な取り組み

<医療法上の臨床研究中核病院を活用した特区薬事戦略相談の実施について>
大阪大学医学部附属病院は、平成27年8月7日、医療法上の臨床研究中核病院として、全国に先駆けて厚生労働省から承認を受けました。また、同年11月20日には、国家戦略特別区域内の臨床研究中核病院における、革新的医療機器の開発案件を対象とした「特区医療機器薬事戦略相談」を実施することが可能となりました。これにより、革新的医療機器の開発を迅速に推進し、関西圏、ひいては日本の医療産業の発展に寄与することが期待されています。

お問い合わせ先

大阪大学医学部附属病院
電話:06-6879-5111

■大阪大学蛋白質研究所(IPR)

事業概要

大阪大学蛋白質研究所は、蛋白質の基礎研究を通じて生命活動の原理を明らかにすることを使命として昭和33年に創設され、蛋白質研究共同利用・共同研究拠点として、産業界も含めた国内外の蛋白質研究者と、施設や機器の利用を通した共同研究を推進し、若手の人材育成にも努めています。

主な取り組み

・SPring-8のシンクロトロン・ビームライン、超高磁場核磁気共鳴(NMR)装置群およびクライオ電子顕微鏡の共同利用。国際蛋白質構造データバンク(wwPDB)のメンバーとして蛋白質構造データ(PDB)の構築・公開
・平成28年に開設した多階層蛋白質統合研究部門におけるマルチスケール構造生命科学の推進
・多数の蛋白質研究所セミナーや国際セミナーの実施

特記事項(アピールポイント等)

・大阪大学蛋白質研究所には、企業研究者も無償(一部有償)で利用可能な共用機器が多数整備されています。
・国の共同利用・共同研究拠点に指定されており、国際水準を満たす質の高い研究を行う運営体制が整っています。

お問い合わせ先

■公立大学法人大阪市立大学

事業概要

大阪市立大学では、都市大阪のシンクタンク機能の役割を果たし、「都市科学」分野における健康・研究・地域貢献を目的としています。学部間の垣根を超えた市大の叡智を集結し、新たな研究・ビジネス領域の創出によるブランド力の強化と新たな健康領域を開拓し、新産業創出の推進を目指しています。

主な取り組み

・市大の叡智を集結し新たな健康領域の開拓
・次世代エネルギー開発
・都市防災拠点

特記事項(アピールポイント等)

健康科学イノベーションセンターでは、疲労・抗疲労の医学・科学を中軸にして、企業等との産学連携を通じ、新たな製品・サービスを創出する体制が整っています。大都市にある総合大学の強みを活かした異分野・異業種のクロスイノベーションを加速し、イノベーティブな機器開発に向けた体制をご活用いただけます。

お問い合わせ先

URAセンター
公立大学法人大阪市立大学
電話:06-6605-3550

■公立大学法人大阪府立大学バイオメディカルフォーラム

事業概要

大阪府立大学は大阪府の設置した「大阪バイオ戦略推進会議」の重要なメンバーであり、バイオ産業への取り組みや研究戦略について意見や情報発信のためにバイオメディカルフォーラムを設置しました。

主な取り組み

当フォーラムはバイオメディカル研究関連の2つの研究所と3つのセンターで構成されています。
・ライブセルイメージング研究所:創薬標的特定・創薬標的検証
・BNCT研究センター:創薬標的検証・分子標的薬検索・分子標的薬最適化
・ケミカルバイオロジー研究所:創薬標的検証・分子標的薬検索・分子標的薬最適化
・食品安全性科学研究センター:分子標的薬最適化・薬物動態安定性・前臨床
・バイオメディカルファシリティーセンター:薬物動態安全性・前臨床

お問い合わせ先

地域連携研究機構URAセンター
公立大学法人大阪府立大学バイオメディカルフォーラム
電話:072-254-9128

■国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)

事業概要

医薬品及び医療機器等並びに薬用植物その他の生物資源の開発に資する共通的な研究、民間等において行われる研究及び開発の振興等の業務を行うことにより、医薬品技術及び医療機器等技術の向上のための基盤の整備を図るとともに、国民の健康の保持及び増進に関する調査、研究、国民の栄養その他国民の食生活に関する調査及び研究等を行うことにより、公衆衛生の向上及び増進を図り、もって国民健康の向上に資することを目的としており、以下の6つの事業や、健康増進法に基づく業務について行っております。

主な取り組み

1 基盤的技術の研究及び創薬支援
2 生物資源に係る研究及び創薬支援
3 医薬品等の開発振興
4 国民の健康の保持及び増進に関する調査・研究
5 国民の栄養その他国民の食生活の調査・研究
6 食品についての栄養生理学上の試験

お問い合わせ先

■国立研究開発法人国立循環器病研究センター(NCVC)

施設概要

国立循環器病研究センターは、循環器疾患の調査・研究を推進し、先進的な医療を目標に循環器病の撲滅を目指す国立高度専門医療研究センターです。病院は、共通の発症リスクをもつ心疾患と脳血管疾患を1つの施設で扱い、それぞれの専門家が連携して治療を行う、世界でも非常にユニークな施設です。また、研究所では臨床現場のニーズを満たすための病態解明や技術開発など研究を行っており、病院と研究所が連携することでより早い課題解決が可能になります。さらに、臨床と研究を強く結びつける研究開発基盤センターがあります。

主な取り組み

・モバイルテレメディシンシステムの確立
・急性期t-PA静注療法・脳血管内治療の旗艦施設
・日本最多の心臓移植実施(小児心臓移植実施施設)
・循環器病の病態解明にかかる基礎研究
・人工心臓や人工血管などの開発

当センターの移転について

・平成31年7月に、JR岸辺駅に直結した吹田操車場跡地の「健都」に移転します。
・「健都」では、新センターが中心となり循環器病制圧のための一大医療クラスターの形成を目指します。また、同じ健都内で平成30年度に開院する吹田市民病院とも連携し、地域医療への一層の貢献も目標にしています。
・これまで行ってきた最先端の医療技術の確立や研究開発に加え、新センターでは循環器病予防にも注力します。
・新しい医薬品や医療機器を開発するために産業界や大学などとの連携を進める目的でセンター内に「オープンイノベーションセンター(OIC)」を設置します。

お問い合わせ先

■国立研究開発法人理化学研究所生命システム研究センター(QBiC)

事業概要

柔軟性、恒常性など、生きものの生存に欠かせない性質をシステムの性質として統合的に理解し、よりよい医療や創薬に結びつけます。そのために生きた細胞の中の分子動態の分析やシミュレーションを実現するための要素技術を開発しています。

開発事例

・ライブ・セル・イメージングのための様々な高性能顕微鏡
・ロボットオートメーションや人工知能と組み合わせたハイスループット・イメージング技術
・臓器透明化技術
・呼気による非侵襲睡眠解析技術
・安価で効率的にモデル動物を作成する(トリプルクリスパー)技術
・多様なライブ・イメージングのための新規蛍プローブ
・創薬シミュレーションのための専用スーパーコンピュータ
・E-Cell 細胞シミュレーション技術
・微細流路を組み込んだガラス製ラボ・オン・チップ

お問い合わせ先

■国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)関西センター

事業概要

AIST関西センターでは、バイオメディカル研究部門を中心とした「健康に暮らせる社会」に向けた診断機器、創薬基盤技術、健康・福祉機器の開発に取り組んでいます。

主な取り組み

・超高速PCR等の診断、検査機器開発
・ゲノム編集等によるバイオものづくり
・脳疾患等の解析、マーカー探索

特記事項(アピールポイント等)

・AIST関西懇話会を通じて産学連携を強化しています。
・国内のみならず国際連携も含めた研究機関・行政機関・企業との連携を推進しています。

お問い合わせ先

創薬等支援機関

■国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)創薬支援戦略部

 創薬支援ネットワークの構築により、大学や産業界と連携しながら、新薬創出に向けた研究開発を支援するとともに、創薬支援のための基盤強化を図ります。また、創薬ターゲットの同定に係る研究、創薬の基盤となる技術開発、医療技術の実用化に係る研究を推進し、革新的医薬品及び希少疾患治療薬等の開発を支援します。

【お問い合わせ先】
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)創薬支援戦略部
電話 06-6372-1771

■独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)関西支部

医薬品の副作用や生物由来製品を介した感染等による健康被害に対して、迅速な救済を図り(健康被害救済)、医薬品や医療機器などの品質、有効性および安全性について、治験前から承認までを一貫した体制で指導・審査し(承認審査)、市販後における安全性に関する情報の収集、分析、提供を行う(安全対策)ことを通じて、国民保健の向上に貢献することを目的として活動する機関です。

【お問い合わせ先】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
電話 06-6374-6820
(PMDA関西支部の詳細はこちら

<創薬支援体制>

創薬支援ネットワークとPMDA関西支部の連携により切れ目のない創薬支援体制を整備。
大学や研究機関が持つ有望なシーズを企業へ繋げ、実用化へのプロセスをサポートします。