医療機器分野参入事例のご紹介

本補助金の支援を受けて開発を行っていた案件がこのたび事業化されました!

株式会社プロアシスト「長期間の在宅計測に適したテレメトリー式脳波計の開発」

睡眠はうつ病等様々な疾患と関わっているが、現在の医療現場では
自宅での睡眠を客観的に評価する方法はなく効果的な治療が行えていないことから、
病院で用いる大型脳波計と同程度の精度を担保しながら、在宅で長期間計測を実現する
ポータブル型のテレメトリー(データの自動電送装置)式脳波計を開発。

〇お知らせ
メディカルジャパン「関西広域連合」ブース内にて展示しています!

【日時】2019年 2月20日(水)から2月22日(金)まで
【場所】インテックス大阪5号館 関西広域連合ブース内(ブース番号 M-64)
    (大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102)

株式会社プロアシストの取組

「脳波センサ」の医療機器化に向けて推進されている事例です。
(目次)
・会社紹介
・「脳波センサ」のあゆみ
・医療機器市場参入の動機
・医療機器市場参入へのあゆみ

上田製袋株式会社の取組

ヒートシンク式レーザ樹脂溶着技術を製袋に応用し、医療機器分野に参入した事例です。
(目次)
・会社紹介
・医療業界参入の道のり
・医療業界参入について思うこと

株式会社木幡計器製作所の取組

圧力計測技術等を生かし、医療機器分野に参入した事例です。
(目次)
・会社概要
・医療機器分野参入のきっかけ
・医療機器分野参入前に行ったこと
・そもそもどんなもの(どんな医療機器?)をどう作りどう売るのか?
・経営資源の確保
・ビジネスモデルの熟考 出口戦略を考える
・求められる裏付け、医工連携の重要性
・医工連携のギャップ
・小規模事業者でも医療機器分野参入は可能??
・大阪を中心に関西は医療機器分野参入に有利なところ