令和元年度 第1回産学官連携情報交流セミナー

外国企業との事業提携の実務/ライフサイエンス企業におけるM&A戦略

 海外展開を検討する中小企業にとって、外国企業とWIN-WINの関係を築くことができれば、ビジネスチャンスは大きく広がります。一方で、事業提携を成功させるには、利益にシビアな外国企業を納得させるビジネスモデルや、自社の利益を確保し損失を防ぐための契約が必要不可欠です。また、中小・ベンチャー企業がグローバルでの事業展開を検討する際に、大手企業へのライセンス(導出)は当然ながら、出口戦略の一つとしてM&A(事業買収と売却)を選択されるケースが増加しています。昨年のライフサイエンス企業によるM&Aの総額は約2,000億米ドルとも言われており、今後はさらに活発になると予想されています。とりわけ小規模から中規模の買収が注目されています。
 本セミナーでは、外国企業との提携に関する基本的な考え方や、ライセンス・共同研究開発のビジネスモデル・契約に関するポイント、M&Aに関する買い手・売り手双方から見た基本的なプロセス、M&A戦略とM&A事例、留意すべき事項についてわかりやすく説明します。
※本セミナーは、「欧州のライフサイエンス企業との商談会 in 大阪 2019」の事前勉強会としても実施するものです。

 
<チラシはこちら>

【日時】令和元年7月29日(月)14時30分から17時まで(14時 受付開始)

 

【会場】御堂筋三井ビルディング1階 ワークスタイリング大阪本町 カンファレンス02
(大阪市中央区備後町4-1-3)地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅より徒歩1分

【プログラム】

14:30~ 開会あいさつ
14:35~ 第1部 外国企業との事業提携の実務
    -外国企業と提携する際のビジネスモデルと契約のポイント
     講師:イズミ国際コンサルティング 代表  泉 仁史 氏
15:35~ 休憩
15:45~ 第2部 ライフサイエンス企業におけるM&A戦略
    -M&Aの概要とライフサイエンス企業におけるM&A戦略
     講師:(株)テック・コンシリエ共同創業者兼COO  小林 誠 氏
16:45~ 大阪府からのお知らせ、名刺交換会

 

【参加費】無料

 

【対象】海外展開に関心のあるライフサイエンス関連企業・団体等

 

【定員】先着 50人

 

【申込み】こちらから申込みフォームに入力
     ※NPO法人 近畿バイオインダストリー振興会議のサイトにリンクします

 

【申込締切】令和元年7月25日(木)17時まで

 

【主催】大阪府、PMKイニシアティブ

 

【協賛】LINK-J、三井不動産株式会社

 

【お問合せ】NPO法人 近畿バイオインダストリー振興会議課(担当:山本)

      電話:06-4963-2107 e-mail:jimukyoku@kinkibio.com

     (大阪府事業受託機関)