平成30年度 第1回産学官連携情報交流セミナー

ライフサイエンス中小・ベンチャー企業必見。「一般データ保護規則(GDPR)」など、海外ビジネス展開で知っておくべきこと。

大阪府では、ライフサイエンス関連中小・ベンチャー企業のビジネス支援に取り組んでいます。
その一環として、日本企業も大きな影響を受けることで話題になっているEU(欧州連合)の「一般データ保護規則:GDPR*の概要」及び「海外ビジネスにおける知財リスクマネジメント」をテーマに、以下のとおりセミナーを開催しますのでお知らせします。

 

本年5月25日に、EUにおいて、新たな個人データ規制であるGDPRが施行されました。GDPRの重大な義務に違反した企業には、高額な制裁金が課される可能性があり、企業はこの内容を把握し、適切な対応を取る必要があります。

 

そこで本セミナーでは、第1部でGDPRの概要及び欧州企業との取引に当たって留意すべき事項について、第2部では、海外ビジネスのための知的財産の有効活用とリスク対応の両面について、事例を交えて分かりやすく解説いたします。  欧州企業とのこれからのビジネスを考える上で欠かせない内容ですので、是非ご参加ください!

 

なお、本セミナーは10月9日開催で現在募集中の「欧州のライフサイエンス企業との商談会 in 大阪 2018」の事前勉強会として開催するものです。この商談会についてはこちらをご覧ください。

*GDPR:General Data Protection Regulation

 

★チラシはこちら

 

 

 

【日時】平成30年7月30日(月)14時30分から17時まで(受付14時開始)

 

【場所】第二吉本ビルディング 貸会議室C室
ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー8階 (大阪市北区梅田2丁目2番2号)

※JR大阪駅から徒歩約2分

 

【プログラム】

14:30~14:35 開会あいさつ
14:35~15:35 講演1「欧州一般データ保護規則(EUGDPR)の概要

~欧州企業との取引にあたって留意すべき事項は何か~」

講師:有限責任監査法人トーマツ パートナー 久保 陽子 氏

15:35~15:45 休憩
15:45~16:45 講演2「海外ビジネスにおける知財リスクマネジメント

~中堅・中小・ベンチャー企業の円滑な海外ビジネスのために~」

講師:独立行政法人 工業所有権情報・研修館 近畿統括本部(INPIT-KANSAI)

知財戦略エキスパート 深町 裕一 氏

16:45~17:00 大阪府からのお知らせ、INPIT近畿統括本部のご紹介

 

【参加費】無料

 

【対  象】ライフサイエンス関連企業・団体等
(申込多数の場合は、上記商談会に申込済又は申込を検討中の企業を優先いたします。)

 

【定員】50人

 

【申込先URL】http://www.jetro.go.jp/events/osa/b363b0917d167739.html

(1社につき2名まで申し込み可)

 

【申込〆切】平成30年7月24日(火)17:00まで

※締め切り後、参加申込企業に通知

 

【主催】大阪府、PMKイニシアティブ

 

【協力】独立行政法人工業所有権情報・研修館 近畿統括本部(INPIT-KANSAI)

 

【お申込み・お問合せ】日本貿易振興機構 大阪本部 事業推進課(担当:石木)

電話:06-4705-8602

電子メール:os_kikai@jetro.go.jp

(平成30年度ライフサイエンス事業化推進事業受託機関)